​私たちの教会

 日本福音ルーテル豊中教会は、大阪府豊中市中桜塚に建つキリスト教会です。プロテスタント(新教)の教派のひとつである、日本福音ルーテル教会に属しています。聖書に示されているイエス・キリストの福音(喜ばしい知らせ)を伝えるために、1935年に、豊中で最初の伝道が開始されました。その後、第二次世界大戦をはさんで、1969年に、現在の場所に礼拝堂が建てられました。以来地域に根ざした活動を続けてきました。

 けっして大きく立派な教会ではありませんが、誰もが安心して集える、暖かくアットホームな教会です。2003年より、毎日曜日午後2時から、500年の歴史あるルーテル教会の伝統にしたがった礼拝を行っています。また、コンサートや講演会など、地域のために役に立てる催しも、折に触れて開催しています。

福音ルーテル(ルター派)教会とは

​ キリスト教会は、今からおよそ2000年前に、中東パレスチナの都市エルサレムに誕生し、そこからローマ及び地中海沿岸地方に、さらにヨーロッパやアジアへと広まりました。それから15世紀あまりの間、世界には、東方正教会とローマカトリック教会という、大きく分けて2つの流れのキリスト教会が大きく発展していきました。とりわけローマカトリック教会は、ローマ教皇を頂点に、ヨーロッパ世界において最も大きな権力を持つ存在となっていったのです。

 

 そうした中で、1517年にドイツで起こった出来事は、その後のキリスト教世界に新たな流れを生み出しました。それが、元はカトリック教会の修道士で、大学で神学を教えていたマルティン・ルターによる、「宗教改革」です。

 

 それまで、罪深い存在である人間が救われ、死後天国に行くためには、功徳を積み、カトリック教会による赦しを受けなくてはならないとされていましたが、ルターは、人が自分の救いのためにどんなに功徳を積んでも意味はなく、聖書に示されている神の子イエス・キリストの生涯と教え、また十字架の死による贖いと復活の出来事を通して、神様は私たち人間の罪をすでに赦そうとしておられ、その大いなる恵みを信じて歩み出すことによってのみ、人は救われると説いたのです。またこの神様からの一方的な恵みを信じ受け取る人は、自分だけのために生きるのではなく、自由な心により隣人を愛し仕える(助ける)者へと変えられていくと、ルターは教えました。

 

 この主張が、カトリック教会とローマ教皇の権威を蔑ろにするものだという理由により、ルターはカトリック教会を破門されてしまいます。しかし、ルターの考えに共鳴する大勢の人々により、各地の教会に改革運動が起こされ、それらの教会はカトリックを離れ、ルター派と呼ばれるようになりました。これがルーテル(ルター派)教会の起源です。 

 

 ルターと同時代また後の時代に、ルターの宗教改革に触発され、他にも多くの宗教改革者が登場し、多くの新しいキリスト教の教派が誕生しました。それらの教派を総称してプロテスタント教会といいますが、その中で福音ルーテル教会は、ルターの最初の宗教改革の精神を現代に引き継ぎ、聖書に示された神様の愛に応えて、自由な心で隣人に仕えることを大切にしている教会です。

 

 現在、世界各地に数多くのルター派教会があり、8000万人を超える信徒が存在しています。そのうちの99カ国、147の教会組織が、ルーテル世界連盟(Lutheran World Federation)に加盟し、協力して、福音宣教と、この世界の抱える様々な問題(貧困、紛争、災害、人権の向上等)の解決のために働いています。また今日のローマカトリック教会や、他のプロテスタント教派との相互理解を推し進めています。

日本福音ルーテル教会(JELC)について

 日本福音ルーテル教会は、1893年に、アメリカのルーテル教会南部一致シノッドから派遣された2人の宣教師によって、伝道が開始されました。日本には、他にもいくつかのルター派の教会グループが存在します。その中で日本福音ルーテル教会は、最も長い歴史を持っています。

 

 現在、九州・四国中国・関西・東海・関東・甲信越・東北・北海道地方に、合わせて5つの教区と、118の地域教会が存在しています。

 

 東京三鷹にあるルーテル学院大学、熊本にある九州学院中学校・高等学校、九州ルーテル学院大学、九州ルーテル学院中学校・高等学校、全国に49の幼稚園・保育園の他、障がい者施設や高齢者ホーム、児童養護施設など合計11の社会福祉事業団体を運営しています。また、国内外の人道的支援を行う日本福音ルーテル社団、大阪西成区においてアルコール依存症者および生活困窮者の自立支援を行う釜ヶ崎ディアコニアセンター「喜望の家」などの社会事業を行っています。

 

 日本福音ルーテル教会はルーテル世界連盟のメンバーであり、とりわけアメリカ福音ルーテル教会(ELCA)、フィンランド・ルーテル福音協会(LEAF)、ドイツ・ブラウンシュバイク福音ルーテル領邦教会(ELKB)と密接なパートナー関係にあります。国内では日本キリスト教協議会(NCC)のメンバーとして、他のプロテスタントの教派と協力し、社会の様々な課題に取り組んでいます。また国内に存在する他のルター派教会団体とも、密接な協力関係にあります。